使用後のタオルやコップとバルトレックス500mgの画像

バルトレックスで口唇ヘルペス撃退!

口唇ヘルペスはキスなどの直接接触以外でもうつってしまうんです。洗顔や入浴後のタオル、歯磨きのコップなど共有で使っている場合は要注意!今からでも遅くはない、ヘルペスの原因とバルトレックスでの治療法についてご紹介いたします。

口唇ヘルペスにはバルトレックスを!

バルトレックス通販
↑バルトレックスが気になった方はお得な通販でゲットしましょう

バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効な治療薬であり、口唇ヘルペスを発症した場合に服用する事で早く症状を治すのに役立ちます。
口唇ヘルペス以外でも性器ヘルペスや帯状疱疹などのヘルペスウイルスに関する病気の治療にも用いられています。
口唇ヘルペスになると口の周りが赤く腫れて、さらにしばらくすると水膨れとなりますが、しばらくすれば10日から2週間程度で自然に完治します。
最初に感染した時の症状が重く、再発の場合は初回の時よりも軽傷で済むのが基本ではあるのですが、この口唇ヘルペスというのは一度感染すると完治する事が無い厄介な病気となっています。
ヘルペスウイルスは神経の中に隠れてしまい、健康な状態では症状が現れないのですが、何かしらの原因で体の免疫力が低下すると神経から再び現れて症状を発症するのです。
そのために、一度感染するとそれ以降はずっと付き合っていかなくてはならない病気であり、少しでも早く治療したいという時にバルトレックスを正しく服用すれば症状を抑える事が出来ます。
バルトレックスがどのようにして口唇ヘルペスに効果があるのかというと、ヘルペスウイルスの増殖を抑える働きがあるので、ヘルペスウイルスが増殖しきる前に、出来るだけ早く服用した方が高い効果が期待できます。
バルトレックスは5日分を処方される事が多いのですが、体内への吸収率が高いために早い人だと服用した翌日には効果が現れ始め、服用を始めてから3日目で高い確率でウイルスの増殖を抑える事が出来ます。
ただ、症状が治まってきたとしてもそこでバルトレックスの服用を止めるのではなく、ウイルスの増殖をきちんと抑えるためにも5日間は服用を続ける事が大切です。

■バルトレックスでは治せないエイズは初期症状に気づきにくいから
エイズの検査はやって損なし

バルトレックスは口唇ヘルペス以外にも効く

口唇ヘルペスの治療薬として有名なバルトレックスは何も口唇ヘルペスにしか効かない薬では無く、他にもいくつかの症状を改善するのに役立ちます。
例えば、性病の一種である性器ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹などの治療に効果があります。
これらの病気は全てヘルペスウイルスに感染する事が原因で発症する病気であり、バルトレックスに含まれる成分がウイルスの増殖を抑える働きがあり、服用する事によって症状を緩和する事が出来ます。
人間に感染するヘルペスウイルスは全部で8種類あり、口唇ヘルペスの場合は単純ヘルペスウイルス一型、性器ヘルペスの場合は単純ヘルペスウイルス二型、といったように種類は違うのですが、これらのいずれに対してもバルトレックスは有効です。
ウイルスと細菌は知らない人にとってはどちらも似たようなものであると思われがちなのですが、この二つは全く異なっていてウイルスの場合は細菌とは違って自分自身で増殖する事は出来ず、人の細胞内に入り込む事によって増殖をします。
そのために細菌に対して有効である抗生物質は効かずに、適切な抗ウイルス薬を用いる必要があります。
そしてヘルペスウイルスに対して有効な抗ウイルス薬がバルトレックスという訳です。
バルトレックスは先ほども述べたようにウイルスの増殖を抑える作用によってヘルペスウイルスに感染する事によって生じる病気に対して効果があるのですが、ウイルスそのものを死滅させる効果がある訳では無いです。
この違いについては理解しておく事が大切であり、ヘルペスウイルスが増加しきってからバルトレックスを服用し始めてもほとんど治療効果は期待できないのです。
つまり、ヘルペスウイルスが増殖し始めて症状が現れたら、早目に服用する事によって十分な効果があるのです。

バルトレックスのジェネリックって?

年に数回ヘルペスを発症する人であれば、知っている医薬品がバルトレックスになります。ヘルペスは一度感染してしまうと、完治させることができません。
大人しい時は神経節に潜んでおり、免疫が落ちたり、風邪や感染症に罹り発熱で消耗しているときに、活動を開始させます。ただでさえ辛い時期であるのに、ヘルペスが活動することで、気分が落ち込みやすくなります。
口唇にできた場合は、食事をとるのも痛みを感じ、またたとえ治ったとして口唇自体のヘルペスが収まらなければ、見た目が気になってしまい外に出にくくなることもあります。
そのようなことを防ぐためにも、ヘルペスができそうなときにこそ服用したいのがバルトレックスです。ただこの医薬品は、処方を受ける時最大で5日分しか処方されません。
また再発する場合は無制限で処方してもらえますが、年に6回再発を繰り返さなければならないと言った制約もあります。このように細かい制約がないと、保険診療で処方してもらえません。
念のために常備薬として持っておきたい場合、保険を使えないことから、高い医療費が掛かります。そんなときにこそ、利用したいのがネットで購入するジェネリック医薬品のバルトレックスになります。
インドの製薬会社が製造しているバルトレックスであり、日本で処方される医薬品と成分は同じになりますので、効能も同じです。クリニックで処方されるよりも、安い価格で購入することができますので、常備薬として最適になります。
ヘルペスは体験したことがある人にしかわからない苦痛です。だからこそ、常備薬でもしもの時に備えておくことが大切です。あの苦痛を感じたくないのであれば、ジェネリック医薬品で準備しておきましょう。
■ウイルスに効くバルトレックス、細菌に効くのはこの薬
クラビット