使用後のタオルやコップとバルトレックス500mgの画像

口唇ヘルペスはキスなどの直接接触以外でもうつってしまうんです。洗顔や入浴後のタオル、歯磨きのコップなど共有で使っている場合は要注意!今からでも遅くはない、ヘルペスの原因とバルトレックスでの治療法についてご紹介いたします。

辛い性病の病原菌を撃退するバルトレックスがおすすめ

性感染症の主な病気には淋病(りんびょう)や梅毒(ばいどく)、性器ヘルペス、性器クラミジアなど多数の病原菌が存在します。特にこれらの病気を放置し悪化させてしまうとHIV(エイズ)などの重大な病気を併発させてしまうリスクも高まりますので早い段階で治療を開始することが大切です。特に近年では性生活も多彩化しており、性病に関するリスクや知識を持たずに性行為を楽しむ方も少なくありません。不特定多数の方と性行為を行うことでもそのリスクは非常に高まり、さらに感染源として広めてしまう恐れがありますので性に関する考え方をしっかりと学ぶ必要があります。性病で近年若者を中心に流行しているのが性器ヘルペスです。性器に病原菌となるヘルペスウイルスが感染することにより、辛い痒みや痛みといった症状が現れます。また症状が現れず無自覚のまま病原菌が体内で増殖するケースもあるので、性病について不安のある方はパートナーと事前に病院で検査することや検査キットを購入し自宅で検査しておくことも重要でしょう。ヘルペスの治療においては、バルトレックスなどの治療薬を用いて治療を行います。このバルトレックスは病院で医師の診断後に処方されているお薬で、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があるほかに即効性が非常に高いお薬ですので大変人気です。また副作用にも吐き気などの症状がありますが、他の医薬品と比べ非常に副作用の少ない治療薬として安全性が高いといったところでも注目されています。またヘルペスは再発しやすい病気とても有名なお薬です。もし治療後に性器に辛い痛みを感じた場合などは再発している恐れがありますので、バルトレックスを再度病院で処方してもらい治療することが大切です。